2010年07月11日

オープンマインドでいこう

「シザーハンズ」という映画をビデオで見ましたTV

ハサミの手を持った男の話ですカチンコ


シザーハンズ〈特別編〉 [DVD]

シザーハンズ〈特別編〉 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • メディア: DVD





ハサミの手を持つ変わった男をみんなが受け入れていく様子が楽しいるんるん

エドワードは髪を切るのを褒められて一躍有名人に。そんな中、鍵を開ける能力を盗みに利用されて周りから誤解されていきます。
純粋で不器用な振る舞い。共感するところがあって感情移入しました。笑ったり、ヤキモキしたり。

 自分の手で、好きな人を怪我させてしまい、やけになってしまいます。理解してもらえているのにexclamation×2
最後はせつない。あまりに悲しいもうやだ〜(悲しい顔)

エドワードの孤独を一緒に味わった感じがして。ひとりぼっちはつらいよ。絶対、嫌だよexclamation×2

 私は孤独が大嫌い。だから、ハサミの手をもったエドワードのような人も、みんなと仲良く、幸せに暮らせたらいいと思いますハートたち(複数ハート)変わったところのある人も個性として受け入れて。

日頃からもっともっと、オープンマインドで生きていこうグッド(上向き矢印)


006.JPG

写真は先週遊びに行った浜離宮にて。品川のビルや海が見えて、風が心地よくて気持ちよかったです。
posted by やっぱん at 12:06| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

介護予防を語る

6月30日、高等技術専門校(介護サービス科)で非常勤講師を務めてきましたわーい(嬉しい顔)

003.JPG

004.JPG

テーマは「介護予防と健康生活」。私の好きな秩父地域の高齢者事業や健康づくりについて話をさせて頂けるありがたい機会ですハートたち(複数ハート)今回が5回目になりました。

介護予防とは、介護が必要な状態にならないための様々な活動。必要なのは、習慣的な運動、楽しい仲間、バランスのいい栄養などぴかぴか(新しい)

テキストに沿って介護予防の基礎知識を学んで頂きながら、写真や動画を使って実際の活動を紹介。職場では私のような理学療法士などのリハビリ専門職の仲間に健康づくりのスペシャリストである「健康運動指導士」も入り、介護職と協力しながらマシントレーニングや集団体操を行っていますので、その様子を話しました。

また、その「健康生活」を高齢者にお勧めするには、まず自分がそれを生きているかが大事ですから、私のマラソン挑戦や自分の健康づくりの体験も話しました。

 それともう一つ。大事なのは地域でのつながり。ここの学生の方々とは、卒業後もつながりが持てて広がりますグッド(上向き矢印)介護ヘルパーとして、私たちの職場に就職する方もいます。ブログやミクシィなどを通じて、刺激し合える間柄にもなれます。秩父のいくつもの老人施設につながりが持てた方々がいらっしゃると思うと、本当に心強いです。高齢者が元気で暮らせる地域づくり、関わる私たちもやりがいを持って働きたいですね。

講師の貴重な経験をさせていただける機会、新しい出会いに感謝ハートたち(複数ハート)今日も地元の方々に育てて頂いている私です。




今日は大払いの日。講義が終わってから秩父神社を参拝してきました。

__.JPG
posted by やっぱん at 14:12| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

他職種からみたリハビリ職は

相談業務関係職員研修会にパネリストのひとりとして参加してきました晴れ
研修のテーマは「老健で働く仲間として」〜ソーシャルワーカーに期待すること〜

埼玉県内の介護老人保健施設から70名以上の相談員やケアマネの参加がある盛況な研修会でしたぴかぴか(新しい)
私は理学療法士ですので、リハビリ職の立場から相談員(ソーシャルワーカー)へ向けた発言をするのが役目。リハビリ職は家族との接点が少ないこと、リハビリの目標や見通しをもっと本人・家族へ説明していくべきことなど、私が日々の業務やリハビリ関係職員研修を通じて思うことを話しました。

004.JPG

008.JPG

発表後にはグループワークに参加。多くの参加者の方々と話をする機会を頂きました。そこで聞く、リハビリ職が各施設の現場で他職種とうまくコミュニケーションがとれていない現状exclamation×2他職種に「先生」と呼ばせ、「そんなことも知らないの?」というような上からの態度で話している。専門用語を並びたてて言わんとしていることがよくわからない。リハビリ場面の評価だけで、介護職らに相談もなく棟内フリーで歩行を認めてしまうなど勝手な判断で現場を混乱させる。などなど・・・

ソーシャルワーカーの方々はさすが、コミュニケーションのプロひらめき我々リハビリ職が現場で連携が不十分であることを冷静に見られています。違う立場から見た我々リハビリ職。とっても勉強になりました自分の業務態度を改めて考え直します。そして、リハビリ関係者にも「我々は他職種からこう見られているよ」と伝えていきたいと思いますグッド(上向き矢印)

貴重な機会を頂けて、感謝ですハートたち(複数ハート)
いろいろなイベントがあり忙しいですが、充実の日々です。
posted by やっぱん at 15:35| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

パッチアダムスとの一日 埼玉にて

6月11日、埼玉で行われたパッチアダムスとのクラウニングツアーに参加してきましたわーい(嬉しい顔)
スタッフとしての役割があり緊張しっぱなしの一日でしたが、めったにできない貴重な体験になりましたダッシュ(走り出すさま)

パッチアダムスと40名ほどのクラウンたち。私もそのうちの1人として赤い鼻をつけて参加しながら、ツアー参加者のリーダーとして移動中の進行やご案内をさせて頂きました。
朝に熊谷駅に集合して、バスで行田特別支援学校、特別養護老人ホーム「まきば園」を訪問。そして、夕方にはクレアこうのすで「愛のほほえみコンサート」参加。
 その間、パッチを含む参加者の方のスムーズな移動や点呼確認などが主な役目でした。皆様のご協力により無事役目を終えてホッとしています。

訪れた学校と施設で、パッチやクラウンの方々が道化を演じてみんなを楽しませる様子を目の当たりにできました。「笑い」、「愛」が人々を元気にさせることは言葉ではわかっていたような気がしていましたが、それを実践し続ける情熱とパワーを生で感じられました。
パッチとクラウン、施設の職員を交えた交流会の進行も担当させていただくことができ、憧れのパッチアダムス本人から「ワンダホー」って声をかけて頂けました。感激でしたハートたち(複数ハート)バスへの移動のときやコンサート合間にも言葉を交わしてもらえて、私の出来る限りの英語とアクションで、思いを伝えられて本当に良かったですexclamation×2

クラウニングの様子が「まきば園」のブログに詳しく載っていますので是非ご覧ください。
http://makibaen.blog44.fc2.com/


 コンサートでは、障害を持ちながらも音楽を通じて勇気と感動をくれる方々の素敵な演奏、そしてパッチアダムスの夢を語り、活動の紹介がありました。たくさんの方々にお集まりいただき、大成功でしたexclamation×2

 素晴らしい機会を与えてくださった「さいのくにクラウン隊」の皆様、またそれに関わる関係者の方々、特にpipiさん、まりこさん、本当にありがとうございました。

パッチからの学びを私もできることから、実践しようと思います。


心からのお見舞い―たった一度会うだけで落ち込んでいる人を癒してあげる方法 House Calls日本語版

心からのお見舞い―たった一度会うだけで落ち込んでいる人を癒してあげる方法 House Calls日本語版

  • 作者: パッチ・アダムス
  • 出版社/メーカー: 英潮社フェニックス
  • 発売日: 2009/03/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



posted by やっぱん at 01:05| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

2度目の奥秩父三峰山マラソン

愛するわが地元で開催された「奥秩父三峰山マラソン大会」に参加してきましたわーい(嬉しい顔)
走ることを思い立ち、歩くより遅いようなスピードで始めたランニング。初めて参加したのが昨年のこの大会でした。あれから一年が経ちました。

 今回はホノルル仲間のうちのふたりが秩父まで来てくれました。
 そして昨年から私の挑戦を温かく励まして下さっているマラソン繋がりのマイミクの方々。私にとってのオールスターが一堂に集結しました。夢のようなひと時でしたぴかぴか(新しい)今の私があるのは、この皆様たちのお陰。この繋がりがなければその後のホノルル挑戦までやる気にならなかったわけで。

 前日までの天気予報が良くなかったので心配しましたが、なんとか雨は降らずにもってくれました。山奥の会場に霧がかかって幻想的な雰囲気になっていました曇り

 この大会で昨年は4キロに出場したのですが、今年は10キロ。高低差500メールあり、山頂にある駐車場がゴール。かなり厳しいコースなのです。ほとんど練習していないくせに、「おれはホノルルフィニッシャーだし、何とかなる」という変な自信はあったりしてたらーっ(汗)
 甘くなかった〜。途中で歩かずに走りきろうと思っていたのに、8キロ地点あたりから歩いてしまいました。まだまだ修行が足りません。1時間20分ちょっと掛かってなんとかゴール。きつかった〜。でも後半走りながら、「おれは幸せだなー」って思ったりして。楽しかったexclamation×2

IMG_1728.JPG

IMG_1730.JPG

 秩父の地で、皆さんにお会いできて最高に幸せですexclamation×2また必ずお会いしましょう。本当にありがとうございましたハートたち(複数ハート)

応援メッセージ下さった方も、ありがとうございました。


カラダマネジメント術!

カラダマネジメント術!

  • 作者: 本田 直之
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2010/04/06
  • メディア: 単行本



posted by やっぱん at 23:40| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。