2010年06月14日

パッチアダムスとの一日 埼玉にて

6月11日、埼玉で行われたパッチアダムスとのクラウニングツアーに参加してきましたわーい(嬉しい顔)
スタッフとしての役割があり緊張しっぱなしの一日でしたが、めったにできない貴重な体験になりましたダッシュ(走り出すさま)

パッチアダムスと40名ほどのクラウンたち。私もそのうちの1人として赤い鼻をつけて参加しながら、ツアー参加者のリーダーとして移動中の進行やご案内をさせて頂きました。
朝に熊谷駅に集合して、バスで行田特別支援学校、特別養護老人ホーム「まきば園」を訪問。そして、夕方にはクレアこうのすで「愛のほほえみコンサート」参加。
 その間、パッチを含む参加者の方のスムーズな移動や点呼確認などが主な役目でした。皆様のご協力により無事役目を終えてホッとしています。

訪れた学校と施設で、パッチやクラウンの方々が道化を演じてみんなを楽しませる様子を目の当たりにできました。「笑い」、「愛」が人々を元気にさせることは言葉ではわかっていたような気がしていましたが、それを実践し続ける情熱とパワーを生で感じられました。
パッチとクラウン、施設の職員を交えた交流会の進行も担当させていただくことができ、憧れのパッチアダムス本人から「ワンダホー」って声をかけて頂けました。感激でしたハートたち(複数ハート)バスへの移動のときやコンサート合間にも言葉を交わしてもらえて、私の出来る限りの英語とアクションで、思いを伝えられて本当に良かったですexclamation×2

クラウニングの様子が「まきば園」のブログに詳しく載っていますので是非ご覧ください。
http://makibaen.blog44.fc2.com/


 コンサートでは、障害を持ちながらも音楽を通じて勇気と感動をくれる方々の素敵な演奏、そしてパッチアダムスの夢を語り、活動の紹介がありました。たくさんの方々にお集まりいただき、大成功でしたexclamation×2

 素晴らしい機会を与えてくださった「さいのくにクラウン隊」の皆様、またそれに関わる関係者の方々、特にpipiさん、まりこさん、本当にありがとうございました。

パッチからの学びを私もできることから、実践しようと思います。


心からのお見舞い―たった一度会うだけで落ち込んでいる人を癒してあげる方法 House Calls日本語版

心からのお見舞い―たった一度会うだけで落ち込んでいる人を癒してあげる方法 House Calls日本語版

  • 作者: パッチ・アダムス
  • 出版社/メーカー: 英潮社フェニックス
  • 発売日: 2009/03/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



posted by やっぱん at 01:05| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。