2010年02月16日

リーダーの役割はムードを良くすること

セミナーを受講してきましたわーい(嬉しい顔)
マツダミヒロさん「コーチング的リーダーシップのすすめ」

私は職場で、リハビリテーション部門の責任者として働いています。スタッフ8人の部署ですが、それぞれに専門職として能力の高い素晴らしいメンバーに恵まれています。そんな中での私の役割は、リーダーとしてメンバーが力を発揮しやすくすることexclamation×2このスキルを磨くのが私のチャレンジグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)その思いで参加しました。

職場のムードを良くすること。いかに自分がムードを作り上げるか?
そのワークとして「ほめまくりゲーム」をやりました。初対面の参加者同士で、相手のいいところをほめ続けます。一気に仲良くなれた気がしました。日頃から心を込めてプラスの面を言えるようにして行こうと思いました手(チョキ)


チームが「言い訳」を探すか、「解決策」をさがすか?
「何で遅れてきたの?」→電車が人身事故で遅れてしまって・・・
「どのようにすれば時間通りに来られると思いますか?」→今度から30分早く家を出るようにします!
「何で?」と聞くと尋問のようになり、言い訳を探してしまいます。「どのようにすれば?」を聞けると解決策を考えるようになります。教えるのではなく、相手に決めてもらう。そがコーチング。前向きな解決策をみんなで考えられるチームを作っていきたいな〜

丸一日のセミナーで色々なワークをやって、質問の大事さを体感できましたひらめき
直接お会いさせていただいた方はご存じの通り、私は口数が少なく、おしゃべりがあまり得意ではありません。何を話せばよいか?いつも迷ってしまう自分がいます。だからこそ、学んだら即行動exclamation×2早速、職場で意識的に使い始めます。

有名なマツダミヒロさんから直接学べて感激でした。サインをもらって、一緒に写真も撮ってもらっちゃいました。ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

001.JPG


マツダミヒロの魔法の質問
http://shitsumon.jp/



マンガでわかるはじめてのコーチング―ストレスが減るコミュニケーション術

マンガでわかるはじめてのコーチング―ストレスが減るコミュニケーション術

  • 作者: マツダ ミヒロ
  • 出版社/メーカー: 関西看護出版
  • 発売日: 2009/11
  • メディア: 単行本



posted by やっぱん at 00:39| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とてもいいセミナーに行かれたようですね!
私もマツダミヒロさんのお話はいつかうかがってみたいと思っております。

職場は、まさに実践の場の宝庫。
私もできたりできなかったり、試行錯誤の毎日です。
来週からまた意識してトライしてみよう!
Posted by クジラオカ at 2010年02月21日 08:36
とってもよかったです。クジラオカさんの影響で興味をもつようになりました。

まだまだ実践ではうまくはできませんが、トライしていきます!いつもありがとう。
Posted by やっぱん at 2010年02月25日 00:05
おお!

マツダミヒロさんのセミナーにも

参加していたのですね。

私にナイショで (-_-#)

Posted by sato at 2012年06月18日 00:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。