2010年01月29日

今年の目標 TOEIC470点

12月に初の海外(ホノルル)に行ってから英語が使えるようになりたい気持ちが強くなりましたグッド(上向き矢印)それ以前も英語をマスターするために、Facebookで海外の方とのメッセージのやりとりを試みたり、英語で日記をつけてみたり、やってみましたが続きませんでした。
でも、彼女を海外旅行に連れていくという夢があるし、英語ができたら旅行がもっと楽しくなるなって思えたので、英語はできるようになりたいexclamation×2

そこで思い立ったのがTOEIC試験への挑戦です。自分の記録や成績を励みにできるマラソンのトレーニングのように、楽しく英語に取り組めそうでするんるん自分の実力がTOEICスコアとしてはっきり数字に出るのが面白いと思います。
まず自分の現在地を知り、具体的な目標を立てる。それが夢実現の方法です。

私の現在地は、230点。お正月休みに自分で問題集を買ってきて、時間を計って試験問題をやってみた結果です。リスニングはほとんど聞き取れず、リーディングは圧倒的に時間が足りませんでした。4択か3択問題なので、ただ何も考えず全部ランダムに答えを書いたほうが、正解数が増えそうな結果でした。

今年中に達成する目標は470点突破。「ゆっくり話してもらうか、繰り返しや言い換えをしてもらえば簡単な会話は理解できる」とされているレベルです。
英会話学校へ行くにも500点レベルはないと惨めな思いをするだけと本も書いてありました。海外旅行が目標ですから、当然クリアしたい点数ですよね。

今この本で勉強しています。

CD BOOK TOEICテストへはじめて挑戦!まずは350点―英語難民救済センターの本 (アスカカルチャー)

CD BOOK TOEICテストへはじめて挑戦!まずは350点―英語難民救済センターの本 (アスカカルチャー)

  • 作者: 千田 潤一
  • 出版社/メーカー: 明日香出版社
  • 発売日: 2000/11
  • メディア: 単行本





TOEICスコア340点以下の方は全体の29.6%。約3人に1人は350点突破を目指すレベルにあることに着目して、そのトレーニング方法を教えてくれる本です。中学レベルの英語を、使えるレベルに引き上げるために音読筆写を勧めています。
日本語に続いて英語を言ってくれるCDが気に入りました。繰り返し聴いていますCD


今度の日曜の1月31日、TOEICテストを初受験してきますぴかぴか(新しい)

2010012923180000.jpg
posted by やっぱん at 23:42| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

ブログ、見てますよ!

埼玉老健協会によるリハビリ関係職員研修会へ川越まで行ってきました 晴れ
そこでお会いした方に、「ブログ、見てますよ!面白いですね〜」と声をかけて頂きましたわーい(嬉しい顔)研修会の運営委員仲間の方ですが、ブログをやっていることを伝えたことはなかったのに。たまたま見つけてくれたのだそうですグッド(上向き矢印)

私の近況を詳しく知ってくれていて、赤面うれしはずかし。
いや〜ブログってすごいっすexclamation×2
見てくれている方がいるから、もっとこまめに更新しようと思いましたよるんるんありがとうございます。



研修会では大田仁史先生から「高齢者の地域リハ活動、今後の展開」という講演が聴けました。地域リハ、介護予防、終末期リハなどについて、先生独特の歯切れのよい面白いお話でした。



一般の方向けにちょこっと用語解説しときます。

「地域リハビリ」
障害のある人や高齢者が、住みなれたところでいきいき生活できるよう、あらゆる人々がリハビリテーションの立場から協力しあう活動。

「介護予防」
できるだけ介護を受ける状態にならないようにすること。

「終末期リハビリ」
自立が期待できず、自分の力で身の保全がしえない人々に対して最後まで人間らしくあるよう行うリハビリテーション活動。




「地域リハビリ」、「介護予防」は、私が仕事で頑張っているテーマなので、話を聞いてやる気が高まりましたexclamation×2どんどん行動していきますよ手(チョキ)

終末期リハビリについては改めて刺激を受けました。
リハビリをして回復する人ばかりではありません。私たち専門職が関わっても衰えていく方たちがたくさんいます。
力になれているのだろうか?私たちの仕事に意味があるのだろうかexclamation&question

その答えは、私たちは尊厳を守るんだということ。どんなひとも見捨てずに最後まできちんと関わることが大事なんだと改めて心に刻みました。
私もその道=リハビリのプロとしていい仕事をしていきたいです。


大田先生の体験が綴られていて面白く読める本です。

お棺は意外に狭かった ! (介護ライブラリー)

お棺は意外に狭かった ! (介護ライブラリー)

  • 作者: 大田 仁史
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/04/24
  • メディア: 単行本



posted by やっぱん at 23:24| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | リハビリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

コルテオを見てきました

原宿にてシルク・ドゥ・ソレイユの公演「コルテオ」を見てきました晴れ
 


こういうイベントを見るのは全く初めて。ワクワク、ドキドキです雷
空中ブランコや綱渡りのようなアクロバティックな技を見せてくれるのですが、その会場全体が幻想的で、夢の中にいるような感じ。キャストやスタッフの方々全体が楽しませようって団結してやってくれる感じがすごく伝わってきます。ショーの最後には感謝の気持ちで一杯になって拍手しました。感動でしたもうやだ〜(悲しい顔)

今年は去年以上に色んな事に興味をもって、見たことがないものを見て、やったことのないことに挑戦して、自分の器をでかくしたいですわーい(嬉しい顔)
コルテオを見られて、幸先のいい今年のスタート exclamation×2
明治神宮で初参りもして、最高の年にできそうグッド(上向き矢印)

今年もよろしくお願いします。




コルテオのHP
http://www.fujitv.co.jp/events/corteo/concept/index.html
posted by やっぱん at 23:06| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
理学療法士・作業療法士のサイト 療法士.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。